普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月15日(土) 年賀郵便特別扱い開始日   休職316日 晴れていた

疲れて一日中寝ていました。布団の中だけが唯一の幸せ空間です
 
tama
ハニカミ王子?v初心者アフィリエイターはハニカミながら、左のボタンをクリック

 12時まで寝る。

 飯を食べに出る。
 サウナに行こうと思ったが止める。

 家に帰って、また寝る。

 寝れなかったけど、
 横になっているだけで幸せ。

 5時からPCでルーティンワーク。

 飯を食べに出る。

 テレビを見ながら、
 ブログを書く。

 手抜きではない。
 簡単に書くとこういう生活なのである

 今日の飯日記
 昼食『上海亭』の「上海ラーメンライス」 ちょっとびっくりするくらいの大きさの角煮
 夕食『末広』の「マーボライス」 にんにくのスライスが効いている

「九条の会」公式サイトは次のバナーをクリック←しばらく設置しておきます。興味のある方はどうぞ。
9jyou1

 今日は読書東京奇譚集』を紹介します。
 
tama
アゲアゲで行こう上運が上昇するのを期待して登録を

 東京奇譚集』(村上春樹

tokyokitan2 村上春樹の最新文庫。
 5つの短編が収録してある。
 その5つの短編に連続性があるわけではないが、
 「奇譚集」とあるように、奇妙な話、あるいは、「不思議」に彩られた物語が集められている。

 村上春樹の作品に、フロイトやユングの精神分析の知識や、ミステリーやSF、ファンタジーのような、いわゆる娯楽性の強い大衆小説の表現形態が用いられていることは、多くの人に指摘されていることだが、この作品集もその性格が強いものになっている。

 突如、失踪した人間を探す探偵みたいな主人公の「どこであれそれが見つかりそうな場所で」
 「自分の名前」を何故かわすれてしまいカウンセリングにかかる女性の物語「品川猿」など、
冒頭に奇妙な謎が提示されるのはミステリーの常套手段であるが、村上作品では謎が解決されずに、謎は謎のものとして、新たな不条理の世界へと物語は飛躍していく。

 特に珍しいのは、一作目の「偶然の旅人」の中で、村上春樹自身が登場して、自身が体験した不思議な出来事を語り、この小説を書くきっかけを説明している点。筆者が作品に登場することは村上作品で見かけたことがない。ただし、それも真実であるか、虚構であるかは、読者には分からない。

 その他、ハワイで鮫に襲われて志望した青年の母親のその後を描く「ハナレイ・ベイ」
 父親の予言のような言葉に人生を重ね合わせる「日々移動する腎臓の形をした石」の二編が収められ、短編集なので、非常に読みやすい。

 病院の待ち時間とか、電車で移動する時間にはお勧めの好著である。

この作品集の装丁を手がけた「eno」さんから、コメントをいただきました。
 ありがとうございます。
 「eno」さんのブログは当ブログのリンク「絵ノリーグ」をご参照ください。
 ステキな作品に出会えますよ。


 「今日の名言」-我、思う故に我ありー

 「よくわかりませんね、そのへんの違いは。ぼんやりする――――考えごとをする。私たちは日常的にものを考えます。私たちは決してものを考えるために生きているわけではありませんが、かといって生きるためにものを考えているというわけでもなさそうです。パスカルの説とは相反するようですが、私たちはあるときにはむしろ自らを生きさせないことを目的としてものを考えているのかもしれません。ぼんやりする――というのは、そういう反作用を無意識的にならしている、ということなのかもしれません。いずれにせよむずかしい問題です」

 考えないですめば、ボクらはもっと生きやすくなるのかもしれないな。
 考えないですむ、寝ているときが、いちばんいい気がする。
 最近は夢も見ないし・・・。

 というわけで、おやすみなさい。
  
ブログランキング


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
装幀の榎です。
「東京奇譚集」を読んでくださってありがとうございます。
表紙の「猿の絵」はどうですか?
表紙の絵も気に入って貰えると嬉しいです。
今後とも宜しく(´・ω・`)ノENOKI
2007/12/15(土) 22:29 | URL | eno #hdP62FSI[ 編集]
ENOKIさんへ

 うわあ、本当の「装丁」の方のコメントをいただけるなんて、感激です。

 表紙の「品川猿」の絵は、正直に言うと、買うときはそんなに意識していませんでしたが、改めて、見てみると、幻想的で朦朧とした感じが、村上春樹さんの、この小説と良く調和しているように思います。

 今後のご活躍を祈念いたします。こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2007/12/16(日) 18:52 | URL | momo2006 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/402-7dde016b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。