FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
12月21日(金) 回文の日  休職322日 天気晴朗

少し復調かな。出勤もできましたよ、定時に

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


朝6時起床。
 一つ目の目覚ましで起きる。
 まあまあかな。
 50分に家を出る。
 リハビリ出勤だ!
 本年最後である。

 1時間ほどいて帰る。
 今後のことはお医者さんの見解も含めて、
 来年に再度話し合う。
 大きな宿題だー。

 帰りは郵便局に寄り、
 『ファミマ』で支払いも済ませ、
 早めの昼食。

 家に帰ってPCをいじり、
 昼寝。
 起きたら、次は、銀行周り。
 そして郵便局で未配の封書を受け取ろうとしたら、
 『免許』がな~い
 がっくりと落ち込みましたよ、さすがに。

 警察に届けて、
 次は歯医者。
 右上の奥歯に被せ物をする。
 結構、下の歯とあわせるのに時間がかかった。
 でも、丁寧にやってもらったから良し。
 今度は本番だものね。

 夜はテレビで『全盲のテノール・新垣勉』を見ながら、
 ブログを書いている。

 今日は結構いろいろあって凹んだのだった。

「九条の会」公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1

 今日は映画墨攻』を紹介する。
BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 墨攻

bokko 「アンディ・ラウ」主演の中国映画
 もしかしたら日中合作かもしれんが・・・
 ただ、原作は「酒見賢一」
 第一回の「日本ファンタジーノベルス大賞」の受賞者。
 同名のマンガもあり、こっちの方が映画の原作かもしれない。
 だから舞台は中国。
 時代は中国の戦国時代。
 そして、思想史的には『諸子百家』と言われる思想者、宗教家乱立の時代。


 戦国時代、中国の小国「リョウ(漢字がないよー)」に攻め入る大国「趙」の軍隊10万余。
「リョウ」は四千ほどの兵力で降伏か交戦かで揺れ動いている。そんな中救いを求めたのが、当時「儒教」と並び称せられていた「墨家」である。しかし、「墨家」から送り込まれたのは、「革離」1人だけであった。

 この辺の所は実はボクの専門なので、書くと際限がないが「墨家」の始祖は「墨テキ」と言い、もちろん本名ではなく、一説には、罪人のため体に刺青を入れていたためと言われている。その思想は中国のキリスト教とも称され、「墨家は兼愛す」がキーワードになっている。「兼愛」とは「博愛」と似た概念だ。したがって、彼らは戦はしないのが、原則だが、戦うときは、徹底的な専守防衛をモットーとする。ある意味「籠城戦」のエキスパートなのである。

 この墨家の「革離」が、国主を説き伏せ、兵士、民衆を味方につけ、いかに少人数で大国に抗するかというのが、基本的なストーリー。もちろん、まともには戦えないが、「趙」にしても、事情があり、本来の目的は「燕」という国であり、その途上の敵として「リョウ」があり、外には「斉」という外患も抱えている。

 そんな中で、「革離」がいかに戦略・戦術を用いて戦うかって所が見所。

 まあ、全編、戦闘シーンと言っていい映画だが、当然、その中には、戦争の持っている根本的な矛盾も描かれている。歴史ファンタジーとして見るならば、なかなかの作品である。特に、知力を尽くす戦いが好きな人には・・・ね。


 「今日の名言」-ちょっとお腹いっぱいー

 戦の道理を説く「革離」
 「敵もまた人間、戦の最中には殺すか殺されるかだ、しかし恨みで人を殺すのは許されん」

 「革離」へ好意を寄せる女性騎馬将軍「逸悦」の言葉
 「自分が他人に問い始めた時は自分が迷っている証拠。本心を押し殺して、必ず正解を求めている。でも、世の中に、そうでない人もいます。正解を求めない人が・・・墨家は兼愛と言いますが、あなたこそ愛を知るべきです。」

 「いかなる戦もただ死者を残すのみ」     


 「儒教」はその後、数千年も中国の思想の中心として生き延びたが、「墨家」は戦国時代後、完璧に姿を消す。

 しかし、最近、立て続けに戦争関係の映画やドラマを見ているので、どうも、その中で描かれるヒューマニズムにうさんくささを感じる。作る側にはほとんど悪意はないと思うが・・・。
 人間の歴史は戦争の歴史ではない。

 明日はOFFにしますよ。
 お休みなさい。

 あっ、ちなみに「免許証」見つかりました。ボクの・・・ミスでした。
 コピー機にはさんであったのです  

ブログランキング


関連記事
コメント
この記事へのコメント
能天気さんへ

 さすがに免許証が財布の中に無かったときは、頭が真っ白になって、冷や汗が流れましたよ。

 ボクの知らないところで、あんなことやら、こんなことがされているのではないかと(笑)

 一々、免許場まで、再発行に行くのも面倒くさいし・・・
 本当にあって良かったです。

 キャッシュカードも見つかるといいですね。

 うさきちさんへ
 
 たぶんお好きなのではないかと思っていました。確かに知と知の争いという点では、もの足りなかったかもしれないですね。

 三国志なら孔明がお好きなタイプではござらぬか。あの劉備についた後の策略というか鬼謀というか・・・一つの軍師の理想型ですな。

 今年も残すところ、あとわずか。暮れも正月も独り身にはつらいですが、ぼちぼち、やっていきます。
2007/12/22(土) 21:39 | URL | momo2006 #-[ 編集]
本日二回目(笑)
墨攻見ましたよ!
戦略シュミレーションの大家ですもの(笑)
映画はものたりなかった…もぅ少し知力を!
アンディラゥ。
私はラヴァーズの情けない男(金城にチャンツィーを取られる)を演じられた時、なかなかやりおる!(情なさがよかったんです)と思いました。
戦争は、貧しい民衆がますます悲惨に、ますます醜くなるから嫌いです…
あと、何か悪者をみつけて仮想敵国とか宇宙人(笑)とか、共同で、大儀に踊らされてゆくのが嫌いです。

momoさん、出勤お疲れ様でした。年内も興味深いお話よろしく。


2007/12/22(土) 13:47 | URL | うさきち #-[ 編集]
免許証みつかってよかったですね。私はキャッシュカード失くしました。
ごみの山に埋もれているか、間違ってごみに出したか、この連休は必死に探さねば。
2007/12/22(土) 11:41 | URL | 能天気 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/408-92354e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック