普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08年3月5日(水) 休職396日 いい天気だろうけど、外出したのは2回だけ

眠くて眠くて仕方がない。また、生活のリズムが崩れているようだ。

BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!

 
 11時半くらいに起きて、
 軽くPCで遊ぶ。

 昼食を食べに出て、
 銀行により金を降ろす。

 早く「傷病手当」が認められないと、
 ちょっときついなあ。

 目当てにしていた店が二つとも閉まっていた。
 こういうときにはこういうことが重なる。
 まあ、いい運動になったと思っておこう。

 帰ってきてから、東京12CHの映画を見ながら眠る。

 クリントイーストウッドがストーカーみたいな女に追い詰めれれる話
 と思ったけど、これは昨日だった。『恐怖のメロディ』
 今週はクリントイーストウッド特集らしい。

 夜までうつらうつらと過ごし、
 夕食を取る。

 ああ、もっと元気を出さねば・・・。

 今日は読書津山三十人殺し』 ノンフィクションです。 不快感注意です。

 「九条の会」公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 津山三十人殺し』(筑波昭

tuyama  1981年に単行本化されたノンフィクションの傑作の文庫化。
 題材は日本史上最大と言われた大量殺人事件。
 コピーに「日本犯罪史上空前の惨劇」とまで書かれているが、
 これは決して誇張ではない。

 「津山事件」というと分かりにくい訳で、あの『八墓村』のモデル、
 または『丑三つの村』の映画のモデルと考えると、「ああ」と思い出す人も多いと思う。


 あれがフィクションだと思っている人は多いようだが、実際に昭和十三年5月21日、岡山県の某村落で起こった正真正銘の惨劇なのである。
 一つの村落の半分以上の人間を殺害した上に自殺して果てた「都井睦雄」なる人物が如何なる生育歴の上で育ち、犯罪にいたったかを当時の調書、新聞記事、当時の人々の論調や聞き取りから緻密に再構成している。

 なにやら現在の猟奇的な犯罪の源流を見る思いがするが、実際は戦中・戦後の治安の悪さ、凶悪犯罪の多さも特筆すべきものがあり、特に軍需物資として使われた麻薬「ヒロポン」による被害は広範に渡っていたという。

 黒詰襟の服に足にはゲートルと地下足袋、頭には日本の懐中電灯をくくりつけ、首からは自転車用の前照灯を下げ、薬きょう入りのザックを肩からかけ、散弾銃を持ち、日本刀一振りと匕首二口を腰にさして「都井睦雄」は、深夜の村を疾走しながら、一体、何を考えていたのだろうか。

 人間の心の暗闇の深さを覗かされる思いがした。 


 「今日の名言」-名言と言えるようなものではないが―

 「お前んとこには、もともと何の恨みを持っとらんじゃったが、西川の娘を嫁にもろたから、殺さにゃいけんようになった」
 高司の妻智恵は、西川とめの次女である。坊主憎けりゃ袈裟までの論理なのだ。
 「頼むけん、こらえてつかあさい」
 70歳のたまはふるえながら、都井の足元にひれ伏して哀願した。
 「ばばやん、顔をあげなされ」
 都井は銃口でたまの顔をすくい上げ、頭をあげたところを胸に向けてぶっ放した。
 

 おそるべき身勝手な論理なのだが、彼には彼の別の論理があるのだろう。
 一説には、世界の大量殺人の中で第三位らしいが、真偽のほどは分からない。

 明日からは少し元気を出して、生活を立て直したいと思う。

 お休みなさい。
 
BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うーん
丑三つの村!見ました。故古尾谷マサトさんの…。
確かに不快な話なんですが、私はそういう一気に『マイナス』を吐き出してしまう話は興味あるんですねぇ。あの村は、閉鎖的で地域社会のマイナス部分を誇張したような村でしたなぁ。でも、似たような虐めは企業の中にも実際にあります。主人公にも村人にも誰にも共感できない話ですが、実話ってところがびっくり。でも、実話だからこそのやりきれなさが、不快なのかなぁ。
momoさん、人間は傷つく基準や限界域がそれぞれ違います。
孤独ですよね~人は…
2008/03/05(水) 22:42 | URL | うさきち #-[ 編集]
うさきちさんへ

確かに昔の古い因習を残した村ではあったようです。
「八墓村」も「丑三つの村」もあのシーンをいかに描くかということに苦心されたようで、いずれも評価は高いみたいです。

マイナスの噴出というか、爆発というか、そういう心性は何となくわかりますね。「赤穂浪士」なんて、まさにそう。

美談になるか、犯罪になるかの違いはあるけど。
虐げられてきた民衆にとっては、ある種のカタルシスかもしれません。
2008/03/06(木) 14:54 | URL | momo2006 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/481-001accfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。