普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08年3月29日(土) 休職421日 晴れ。桜が綺麗ですな

色々ありました。ピンチもありましたが、今は落ち着いています
 
BlogRanking2←ぜひぜひ、応援クリックお願いします!


 26日に職場へ行って5時間ほど仕事をした。
 無給だけど・・・。

 そしたら、傷病手当の書類が来ていて、
 何と「不受理」
 理由は日付を一日間違えてたから。

 「殺すつもりか」と激怒して落ち込んだ

 しかも、1ヶ月も伸びて、5月にならないと出ないらしい。

 これが「どん底」の「鬱」だったら自殺してたかも知れないよ。
 その時は絶対、このことを遺言にして、あちこちに配布してやる。

 今日はメンタルに行って、
 最近「早朝覚醒」があるのと、このことを話す。
 薬を少し強いのに変えてもらう。
 「ロヒプノール」
 初めての薬だ。

 昼間、なるたけ動くようにアドバイスされる。
 まあ、ボクもそう思うけど・・・。

 今日は読書妖怪草紙』を紹介します。
           
『九条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 妖怪草紙』(荒俣宏VS小松和彦

yokai   「BOOK OFF」の105円本で買った奴。
 これは結構お得であった。今は「楽天」でも在庫切れ。
 天下の博学「荒俣宏」と妖怪の権威「小松和彦」の対談集。
 「何でこんなこと知っているの?」ってことがいっぱい出てきて、
 やっぱり学者ってスゴイと思った。
 内容は比較的に分かりやすいが、広範囲に渡っているために、
 ボクの力ではまとめきれない。したがって、本の広告文を載せてみる。


 天狗と河童、鬼と鬼殺し、陰陽師と式神、龍神、狐狸と犬神、百鬼夜行、付喪神 ―
日本の文化史には、妖怪変化が住みついている。近代が隠そうとしてきた、異形の者たちの正体を明らかにし、役小角、吉備真備、安倍晴明、平将門といった、闇の力の伝承者たちの系譜を追う。
 
 歴史・神話・古典の世界から都市伝説まで、異界を貫く陰のネットワークを明かす闇の精神史。



 今日の名言―歴史の裏にもう一つの隠された歴史がある―

 小松「まず、鬼のような存在がいないと穢れが払えないからね。鬼も確かに両義的な存在だと思います。帝なんか、ちょっと汚物を見ただけで穢れてしまう。そのままではいられないから、誰かがそれを清める必要がある。そういう人がいてくれないと身がもたない。清らかであり続けるのは、たいへん弱いことで、辛く悲しいことなんです」
     ・・・・中略・・・・・
 小松「宗教なんて、本来はもっと汚いものなんだよね。穢れを吸収してくれるところなんだから。怨霊が渦巻いていたり、穢れが集まっていたりする場所です」

 荒俣「現状に照らし合わせてみると、清浄にしすぎたことによって、我々の世界の弱さが露呈している」


 このあと「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を見て寝るつもり。

 おやすみなさい。

BlogRanking2←オラに元気を分けてくれ!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/496-efa6b6cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。