普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年1月19日(金)平日 晴れ 15度

 の話なので、別項を立てて書く。
 今回は本当のショートストーリー。朝、目覚める前の一瞬で見ただが衝撃度が激しかったので、記しておくことにする。

 の中身は単純な、どこにでもありそうな場面。

 釣りをしている男の人がいて、ボクが「何を釣っているんですか。」と効くと、男の人が、「マカサゴじゃねえな。」「オニカサゴだな。」と言った瞬間に目が覚めて、まるで、その言葉がキイワードか何かになっていたかのように、一気にいろんな感情が押し寄せてきた。

 それは、本当に、昔、失恋したこととか、幼少期のつらい体験とか、様々なことが襲いかかってきて、パニックになりそうだった。でも、それらは、別に、抑圧して忘れてしまったできごとではないし、無意識の働きとは関係ないと思うのだけれど・・・。

 昨日の秋山さと子さんの本にも載せてあったけど、を分析する作業は誰かに手綱を握っててもらわないとできないんだな、と危機感を感じた一幕であった。かといって、記録を止める気はないけれど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/51-2e12dba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。