普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08年7月15日(金) 休職530日 快晴とちょっと曇り
ここ二日ほど夢と瞑想の世界に遊ぶ

「ユング心理学を用いたカウンセリング まんが うつと向き合う」(北洋子

ututomukiau
  この本は結構おすすめです。
  値段も結構するし、一般の書店には出回ってないと思います。
  でも、もし見かけたら、ちょっと読んでみてください。

  中身は漫画家「北洋子」さんのうつ病克服と再生のお話です。
  この表紙のようなかわいらしい絵を描く人ですが、もともとこういう絵を描いていたわけではないようです。
 このような絵になったのはうつ病克服後なのだそうです。

 正確に診断すると、「北」さんは、うつ病だけではなく、複雑な感情障害を中学校3年くらいから抱えていて、実際に自分の身の回りに起こっていることが現実と感じられず、まるでモノクロ映画でもみるようだったと語っています。

 そして、OL時代、漫画家のアシスタント時代を経て、本格的にうつを発病。精神科医の「森本章」さんのところへ通い、そこで「大住誠」さんという、ユング派の臨床心理士にカウンセリングを受けることになります。

 カウンセリング技法は主に「夢」の報告。「大住」さんは、余計なことを一切言わず、「夢」の報告とそれから連想されることを聴くだけだったそうです。

 最初は不安と不満があったように感じられますが、そのうちに、「夢」の内容がどんどんと変化していき、ついには家族関係にまでつきあたります。そのときには、一時的にうつの症状が重くなり、感情の起伏も激しくなったようですが、やがて、一つの心のドラマの決着を迎えることとなります。

 やっぱり漫画家さんだけあって、「夢」の中のイメージも豊かで、カウンセリングの最後の方で描かれていく絵は見事に「北」さんが心の平安を取り戻していったことを現しています。

 カウンセリング自体はユング派なので、かならずしも一般的とはいえませんが、カウンセラーとクライアント(患者)の見事な共同作業が描かれていて興味深いものがあります。

 今日は「名言」は省略しますが、ボクはいっきに三回も繰り返し読んで、希望をいただきました。
 他のものを紹介するつもりでしたが、急遽、コレを御紹介しました


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


 この本も含めて、ユング本を三冊も続けて読み、
 カウンセリングも受けたら、
 急に「夢かうつつか、うつつか夢か」の日が二日も続いています。

 感情の起伏はなく、ほんの少し疲れた感じがあるだけですが、
 ベッドの中で過ごす時間が増えました。

 夜はしっかり寝ていますが、
 昼は半覚醒くらい・・・
 夢とイメージが湧いて出てきてます。
 影響、受けすぎか

 ただの早い夏ばてだったりして

 勉強は進みませんが、
 あせりもありません。
 慌てるほどのものでもないし・・・

 みなさんも暑くなってきましたから、夏ばて、熱中症等、ご注意くださいね。
 
『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1

 明日は少しお出かけをして、
 18日に消防設備点検があるので、
 部屋の整理と掃除を進めます。

 いろいろあるなあ。

 おやすみなさい。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おもしろそうですね^^
 私は最近(かなり前からですよね^^;)、睡眠がうまくとれないことから、眠剤もどんどん試している状態で、そんな中、夢ばかりにてしまうことが多くなってきているんです。
 それも、変にリアルで、不安や心配していることばかりなので、現実なのか夢なのかを理解できないこともしょっちゅうです。。。
 夢を見ることが苦しいわけではないのですが、そのことで悩んだり、不安が倍増することも多いんです。
 私も一度、その本を読んでみようかな?
2008/07/18(金) 01:12 | URL | sachiko.t #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/559-5393910a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。