普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08年9月30日(火) 休職606日 涼しきゃ涼しいで天候が悪く、体調も悪く・・・

台風15号でしたね・・・でも、14号はどこへ???

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


 耳を洗いたいような言葉のあとでは、優しい言葉が胸に響きます。
 「障碍」を持って生まれた子と親に向けた詩です。
 良い詩です


 『天国の特別な子ども』(Edna Massimilla 作  大江祐子訳)

  「天国の特別な子ども」

  会議が開かれました。

  地球からはるか遠くで

  “また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ”

  天においでになる神様に向かって天使たちは言いました。

  “この子は特別な赤ちゃんでたくさんの愛情が必要でしょう。

  この子の成長はとてもゆっくりに見えるかもしれません。

  もしかして一人前になれないかもしれません。

  だからこの子は下界で出会う人々に とくに気をつけてもらわなければならないのです。

  もしかしてこの子の思うことは なかなか分かってもらえないかもしれません。

  何をやってもうまくいかないかもしれません。

  ですから私たちはこの子がどこに生まれるか 注意深く選ばなければならないのです。

  この子の生涯がしあわせなものとなるように

  どうぞ神様この子のためにすばらしい両親をさがしてあげてください。

  神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。

  その二人はすぐには気がつかないかもしれません。

  彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を。

  けれども天から授けられたこの子によって 

  ますます強い信仰心と豊かな愛をいだくようになることでしょう。

  やがて二人は自分たちに与えられた特別の 神の思召しをさとるようになるでしょう。

  神からおくられたこの子を育てることによって。

  柔和でおだやかなこのとうとい授かりものこそ 天から授かった特別な子どもなのです。”



『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 親が子どもを殺す事件が相次いでいる。
 みんな苦しんだんだろうなあ・・・とは、思うけど、独身の身でも心が痛みますわ。

 逆もあるんだけどね・・・。

 おやすみなさい。


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
子供を自ら望んで産んでいる人でも、虐待したり、殺したりする事がありますよね。
悲しい事ですよね。
そんな事をするくらいならば、子供を儲けない方がいいですよね。
親が親になりきれていないのでしょうかね。

色々な子がいて、障害を持っている子でも、神様から自分達に与えられた仕事だと思って、大切に育てている親もいるのですけれどね。
2008/10/03(金) 16:17 | URL | tekotan #-[ 編集]
 本当に悲しい世の中ですなあ。
 政治の貧困もあるし、息苦しい社会状況なんかもあるんでしょうけどねえ。

 でも、多くの人は一生懸命生きているという事実は忘れずにいたいですね。
2008/10/05(日) 20:23 | URL | momo2006 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/589-d10d59cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。