普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08年11月13日(木) 休職670日 非常に気持ちの良い天気。しかし、気分は悪かった

政治やら何やらの話は正直面倒くさいなあと思っていたけど、やっぱり変なものだ変だと声をあげないといかんなあと、凡人ながら思う今日一日でした

 某資格をとろうと、申し込みをしたけど、
 条件には達していなかったので、
 ダメだろうと思っていたところで、
 条件変更・・・みたいなお知らせを頂き・・・

 あれれ・・・ということで、ちょっと今日はクレーマーをしてみました。

 応対して頂いたお姉さんには、申し訳ないけど、
 ボクの「怒り」の意味が分かりました

 そういう意味では、このお姉さんは立派なカウンセラーだったのではないかと・・・。

 というわけで、「物言わぬは腹ふくるる業」と分かったので、一言言います。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


 正直言って、政治の話題は腹立つばかりで仕様もない。
 けれど、おかしなものはおかしいし、ひょっとしたら、ボクがおかしいのかも知れないので、
 言うべきことは言っておきたいと思う。ただし、簡潔に。

 簡潔にってことは、説明しつくせないということだけど、
 ボクの思っていることだけでも感じてもらえればいいということだ。

 まずは、

 『定額給付金と消費税』

 ボクはこれが「政策」とは、とても思えない。
 なぜなら、「経済対策」でも「生活対策」にもならないからだ。

 費やす経費は2兆円。
 1年間の「生活保護費」も、ほぼ2兆円・・・。
 しかも、使う費用は、「無い」と与党の一部も言い張ってきた、いわゆる「埋蔵金」

 あったんじゃん

 しかも、将来、返さなきゃいけないお金・・・の一部。
 つまり、国民一人頭の借金は増えるだけ。

 そして、所得制限問題は地方に丸投げ。
 経済効果は、試算によれば0.1%程度。
 国レベルでは多少の効果はあるのだろうけれど、生活レベルでは実感できません。

 そして、何よりも許せないないのは、それとセットで出してきた消費税増税。

 これが「社会保障」・「福祉対策」に使われると信じてきたからこそ、
 多くの善良な人々はあきらめてきたのではないでしょうか。

 そういうボクもそうでした・・・

 でも、それから「社会保障」・「福祉」は悪くなるばかりです。

 ボクは物分りが良くはなりたくありません。

 みんなで支えるという「社会保障」の原則は、労働者だけの助け合いの意味ではありません。
 「労働者」も「企業」も「働けない人」も・・・「政府」も・・・って意味だと思いますよ。

 次の図をご覧下さい

shouhizei

 法人税の減税額と、消費税の納費額とが、ほぼ一緒の推移なのが分かるのではないでしょうか。
 つまり、消費税増税と、法人税減税は同じ動きで、その不足分を消費税が補っているだけですから、「社会保障」にも「福祉」にもまわされていないってことを意味しています。

 この図は「大脇道場」さんからの孫引きですが、このことについては、今まで多くの人が指摘してきたことを付記しておきます。「まだ、差があるじゃないか」なんて思う人は、「思いやり予算」とか、「給油支援」とかの金も考えてくださいね。わが国で困っている人はほうっておいて・・・ですよ。

 これをほうっておいて、何が「愛国者」なんでしょうかね?

 そして、最近では、高額所得者の所得税率の見直しは進めようというポーズは見えるのですが、
法人税」は、減税の方向で進めるそうですよ・・・。

 「中小企業減税」じゃなくて、もうかっている「大企業」も・・・こそ減税?
 もう、うんざり・・・・です

 そりゃあ、目の前の金も欲しいけど、
 そのあとの税金は一生だし、
 年金も、「納める額は上げるけど、保障は半分以下」なんて平気で言ってるし・・・

 じゃありませんかねえ!!!

『9条の会』の公式サイトは次のバナーをクリック
9jyou1


 たもがみさんの件についても、言いたいことはありますが、
 言っても、たもがみさん系列は、自分の言いたいことを言うだけでしょうから、
 言うだけエネルギーの無駄のような気がします。

 でも、これをきちんと処置できない政府はだらしないと思います。

 そして、凡人であるボクに、こんなことを書こうと思わせた、
 トヨタの奥田氏の発言についても忘れてはならないでしょう

 「あれだけ厚労省がたたかれるのは、ちょっと異常な話。正直言って、私はマスコミに対して報復でもしてやろうかと。スポンサー引くとか

 「正直言って、(ああいう厚労省を批判する人は)ああいう番組のテレビに出さないですよ。特に大企業は。皆さんテレビ見て分かるとおり、ああいう番組に出てくるスポンサーは大きな会社じゃない。いわゆる地方の中小企業。流れとしてはそういうのがある。」

 地方の中小企業で何が悪い?
 厚労省の不祥事は、誰が何と言っても不祥事でしょう?
 その中の個人はともかく、「年金問題」「社会保障問題」は、人の命に関わるのと違いますか?
 それを扱って、何が悪いのでしょうか?

 お金持ちのあそうさんにも奥田さんにも、
 そんなこと「関係ねえ」なんでしょうねえ。(あっ、たもがみさんもか)


 BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!


 もっと、もっと言いたいことがあるけど、
 書ききれません。

 今日はここまで。調子が良ければ続きもあります。

 でも、これだけのお金があれば、もっと有意義に使いませんかって思います。
 ボクは正直言って、受け取るつもりはありません。

 おやすみなさい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
政治のニュースは嫌なニュースが続きますね。
総理大臣の言っていることは、具体性はないですよね。
それに、定額給付金は高額所得者にも給付されるようなことを言っているし。
「人の上に人を作らず。人の下に人を作らず。」ではなく、「人の上に人を作った。人の下に人を作った。」という感じですよね、今は。
2008/11/14(金) 12:12 | URL | tekotan #-[ 編集]
 tekotanさんへ

 本当に、毎日、新聞読むのも、ニュース読むのも、エネルギーがいるようになりました。

 依然は見たくなくて、読みたくなくて、意図的にチャンネルを変えたりしていました。最近は普通に見られるようになって・・・でも、不快で腹の立つことが多いです。

 格差社会はまさに、誤った政治の結果です。
 もしかしたら、それが目的だったのでは・・・とも考えてしまいます。
2008/11/14(金) 20:04 | URL | momo2006 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/599-73cf945d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。