FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 平日。6時に目覚める。昨夜の「デパス」2錠作戦が効いたのだろうか。30分ほどでベッドから文字通り飛び出る。職場に行くための服はいつも寝室に置いてあって、いつでも外に出られるようにはしてあるのだ。

 通常の時間帯に仕事に向かえることがなんとなく嬉しい。昨日までは、近所の小学生や幼稚園の子どもたちが帰ってくる時間帯に外へ出ていたので、後ろめたいような・・・恥ずかしいような・・・。誰も気にしてなんていないのに、もしかしたら「変な人」って思われるような気もして悲しかった。

 職場に入るときも、照れくさかった。誰も変に気遣ってくれずに普通に接してもらえるのがありがたい。上司としばらく話をして、「何とか休める方向にもっていきたいのだが・・・」というお言葉をいただく。社会情勢の厳しさを身をもって知る。人はたくさんいるのに雇用はいぜんとして伸びてはいないのだ。

 今日はたいした仕事もなく、書類を何枚か書いて、同僚が作った資料を読んでいるうちに睡魔に襲われる。今朝は「トレドミン」の副作用を避けるために一錠に減らすつもりだったのだが、急いでいたので、いつもの通り二錠飲んでしまった。このは眠くなることはないのだが、のどが異常に渇く。朝、駅で買った500mlの「Minaqua」という天然水のボトルだけでは足りず、何度も水道水を継ぎ足す。1日2リットルくらいは軽く飲むだろう。だから汗も出るし、さらにめまいでふらふらすることもある。

 睡魔に勝てず、早々に居眠りをしてしまった。上司からは、「つらそうだから今日は無理しないで早引けしたら?」と言われ、気分が楽になる。

 昼。「うどん」と「きんぴらごぼう」を食す。風邪一錠と精神安定のためソラナックス一錠を飲む。コンピューターをいじり、写真を切り抜くという簡単な作業を済ますと、限界を感じて「早退」を申し出た。普段は、ある程度仕事にめどがつくまでは、は極力避けている。気持ちは落ち着くけれど、思考が鈍るからだ。単純なミスも多くなる。だから、毎朝「今日はここまで」と、自分で目標(限界?)を定めて仕事に取り組む。でも、今日はさすがにダメだった。まあ、明日のことも考えれば、今日の過ごし方にも注意をしなくてはならない。

 夜。「末広」にて「カニチャーハン」を食す。満足。ここは帰り道にある中華料理屋で良く利用する。「チキンカツライス」と「麻婆豆腐」それから「五目そば」がけっこう好き。有名人も来たことがあるようだ。引っ越して来て、利用するようになった時、店の若い女の子のお腹の中にいた子どもが、もう、けっこう大きく育っている。この店とは長いつきあいをすることになるんだろうな。

 家に帰ってからは、メールをチェックし、テレビをぼんやり見て過ごす。鼻をかんだら鼻血が出たのでびっくりした。何年ぶりの鼻血だろう。理由がわからないから不安を感じる。

 というわけで、ボクの復帰第一日目は過ぎていったから、今日は読書の話も映画の話も書けない。本当に迷える「凡人」の一日だった。こんな日記読んでる人もいないだろうけど、申し訳ないから、『密やかな結晶』(小川洋子)の一節を引用して終わろうと思う。

 「とんでもございません。小説というのは、最後まで読んでしまったら、もうそれでおしまいなのでございましょう?そんなもったいないことはできません。こうしていつまでも、手元で大事にしておきたいのでございます。」
    『密やかな結晶』 小川洋子
     


 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/6-be288664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック