FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 岡山旅行記の続きです。
 岡山駅についたボクが最初に目指したのがの写真の場所です。

 東北から日本海側は荒天の日でした。
 ここでも雪が降っていました

べんがら館

 べんがら色の町並みで知られる「吹屋ふるさと村」
 べんがらとは、酸化第二鉄?を主成分とする赤色顔料。
 名前はインドのベンガルに由来しているとか、してないとか・・・。

 はその工場を当時の姿で復元したもの。

吹屋小学校

 こんなかわいらしい小学校もありました。

 現存する日本最古の木造校舎の小学校。今でも現役です。

吹屋小学校入口

 その小学校の入り口。良い風情です。
 枯れた感じが郷愁を誘います。

 でも、ここは、べんがらじゃないのね

広兼邸

 出ました
 べんがらづくりで巨万の富を築き、村の庄屋さんもつとめた「広兼」さんちです。

 お城みたいですな。石垣も立派な建物です。

 ここは映画「八つ墓村」のロケにも使われました。

広兼邸への道

 その「広兼」さんちへの道です。

 足跡で分かるとおり、登ってきたのはボク一人。

 「八つ墓村」ならぬ「悪魔の手まり唄」のおばあさんのように、
 雪の坂を腰を曲げ、ヨチヨチと登り、ヨチヨチと降ったのでした。


広兼邸からの風景

 「広兼邸」から見た風景です。
 格子ごしにのぞいてみたものです。

 寒さがしんしんと身に沁みたのでした


 というわけですが、まだ1日目の半分もいっていません

 このままだと、どれくらいかかるかわかりませんが、ぼちぼちと紹介します。
 途中で関係ない記事をはさむかもしれませんので、
 まとめてみるためにカテゴリー独立させました。
 そこから入ってみてくださいな。

 では、今日はここまで。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/666-d1e7966f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック