普通の人間が、普通の日常を、ただダラダラと記録しつづけるだけの、いわゆる凡人の日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年1月30日(火) 平日 快晴 休職8日目 15度?

 朝6時、目覚ましで目覚める。夢を見た。夢を思い出すために、いろいろ反芻しながら時が過ぎる。9時、起き出して、コーヒー&新聞&タバコでうだうだ過ごす。最近、このパターンが多い。

 今日は新しい病院へ行く予定なので、いそがしい。午前中に、ルーティンワークを出来るだけ済ませておこうと急ぐ。途中で、ピンポンが鳴ったから、何かと思えば、『楽天』に注文した本だった。グッドタイミングだが、こちらはPCヴァイオ君と格闘中。

 頼んだ本が予定通り届いた。『孤独のグルメ』(原作 久住昌之 作画 谷口ジロー)と『生きるためのラカン』(斉藤環)の二冊。どちらも、書店では、なかなか手に入りにくい本。

 12時位に診療のために家を出る。本当は「1時半に来てくれ。」と言われているが、昼も含めて、その時間に出る。1時間前に着いて、知っている『平林』という喫茶店に寄ろうと思ったがしまっていた。写真関係が充実している店なので、ボクは好きなのだが、仕方ない。

 『ガスト』で昼。「グリルランチ」を頼む。店自体は嫌いじゃないが、混んでいるのが嫌だ。落ち着かない。さらに、なぜ、この時間に学生服を着ている人間が多いのだ。疑問を感じる。

 13時20分頃に病院に入り、受付。「検査」があると言うので、「早めに来てくれ」と言われていたので、緊張して待つ。検査は簡単な身長、体重と「CESO-SCALE」と言う「傾向」の検査。ボクは「32点」で中程度。「必ずしも状態である」というものではなく。自己点検のためのもの。

 そのあと、診療。女の先生だった。すごく丁寧に聞き取りをしてくれたけれど、PCを打ちながらだったので、落ち着かない(ボクが)
 「カウンセリングについては主治医と相談してください。」ということなので、この次に行った時に相談するつもり。

 その足で、すぐに職場に行き、上司に報告し、残った仕事を片付ける。いっぱい知っている人に会い、いっぱい元気をもらった。やっぱり、ボクはこの仕事が好きなのだと思う。

 家に帰り、久々の『ケンタ』をし、映画『デッドマンズチェスト』を見る。面白かった。けど、今日は紹介しない。時間も時間だし、そろそろ寝なくてはと思っている。

 今日、紹介するのは、マンガ『孤独のグルメ
 これ、おもしろいよ。

 『孤独のグルメ』は原作が久住昌之、作画が谷口ジローの作品。ボクが目をつけたのは、谷口ジローの作品であること。

 谷口ジローといえば、マイナーだが、動物作品で佳品をいくつも残している。おぼろげな記憶で言えば、『オオカミ犬 ロボ』とかで山森章太郎とか、手塚治虫と同時代の作家ではなかろうか。

 もっと引かれたのが「ネーミング」である。『孤独のグルメ』とは、いったい何だろう?

 読み終わった後の読後感は、「あっ、これは池波章太郎だな。」という感じ。主人公の「井之頭五郎」は輸入業者で、個人経営の人間なのだが、酒は飲まず、いつもマンガの中では、腹ペコ状態。独自の嗅覚を生かして、事をしていくのだが、それが、B級・C級含めて、ことごとくおいしそうなものばかり。

 つまりは、たんたんと、その事風景を描いていくだけなのだが、それが、実に、ボクの心にマッチするのだ。ああ、こういう生活がしたい。

 今日は、その中から唯一、「井之頭」が不快を表した言葉と、もしかしたら、本当に在るかもしれないから、近くの人は探して欲しい、目次を紹介して終わることにする。


 今日の名言+

 「人のべている前にあんなに怒鳴らなくたっていいでしょう。」

 「あなたは客の気持ちがまるでわかっていない・・・モノを食べる時はね。誰にも邪魔されず、自由で・・・何というか・・・救われてなきゃあダメなんだ・・・独りで静かに豊かで・・・」 

  目次

 1.東京都台東区山谷の豚肉いためライス
 2.東京都武蔵野市吉祥寺の廻転寿司
 3.東京都台東区浅草の豆かん
 4.東京都北区赤羽の鰻丼
 5.群馬県高崎市の焼きまんじゅう
 6.東京発新幹線ひかり55号のシュウマイ
 7.大阪府大阪市北区中津のたこ焼き
 8.京浜工業地帯を経て川崎セメント通りの焼肉
 9. 神奈川藤沢市江ノ島の江ノ島丼
 10.東京都杉並区西荻窪のおまかせ定食
 11. 東京都練馬区石神井公園のカレー丼とおでん
 12. 東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ
 13.東京都渋谷区神宮球場のウィンナー・カレー
 14.東京都中央区銀座のハヤシライス(の消滅)とビーフステーキ
 15.東京都内某所の深夜のコンビニエンス・フーズ
 16.東京都豊島区池袋のデパート屋上のさぬきうどん
 17.東京都千代田区秋葉原のカツサンド
 18.東京都渋谷区百件店の大盛り焼きそばと餃子



 でも、B級・C級だったら、日本全国、食べ歩いているから負ける気はしないけどな。孤独っていう意味で言えば、おおいに共感できる部分がいっぱいある。こいつみたいにかっこよくはないけど。


追記  

 後日、「谷口ジロー」氏について、上記の表記で適切ではない説明があることが判明したので、下記に追って、谷口氏のプロフィールを紹介する。

<初心者のための谷口ジロー先生プロフィール>

 1947年鳥取県生まれ。71年「嗄れた部屋」でデビュー。75年「遠い声」で、「ビッグコミック賞(新人賞)・佳作」入選。

 1992年「小学館漫画賞・審査員特別賞」、93年「日本漫画家協会賞優秀賞」、98年「手塚治虫文化賞」、99・01年「文化庁メディア芸術祭優秀賞」など、国内はもちろん、国外でも、2001年から05年(現在)までの間に、フランス・イタリア・スペインなどの国々で数々の「国際的な漫画賞」を受賞している、「実力派漫画家.(劇画家・BD作家・グラフィック・ノベル作家)」。

 作品は、「自然・動物もの」「ハードボイルドもの」「人間ドラマもの」「SFもの」「格闘技もの」「時代劇もの」など、多ジャンルに、およぶ。

 代表作。「ブランカⅠ・Ⅱ」・「歩く人」・「犬を飼う」・「父の暦」・「遥かな町へ」。  「事件屋稼業」・「『坊っちゃん』の時代」(共作 関川夏央)、「イカル」(原作 メビウス)、「神々の山嶺」(原作 夢枕獏)など。

             『谷口ジロー』公式サイトより






 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/67-ded66e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
焼きまんじゅう焼きまんじゅう(やきまんじゅう)は、群馬県地方の郷土料理の一種。まんじゅうを竹串に刺し、黒砂糖や水飴で甘くした濃厚な味噌ダレを裏表に塗って、焦げ目を付けたもの。軽食として好まれる。前橋市・伊勢崎市・館林市などの県南部・東毛地区が本場とされる
2007/02/25(日) 21:25:37 | おみやげ いと おかし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。