横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
晴れ。風が涼しい。
午後から声楽のレッスン「城ヶ島の雨」はむずかしい。
久しぶりだから、声も掠れる。

えぼ鯛+納豆&たんめん。
納豆もうまいなあ。昨日の「とろろ」と合わせて、明日、「オクラ」を食べれば、ねばねば三兄弟制覇だ。
海のねばねば大将「メカブ」も捨てがたいところだ。

『本は自分の出版社からだす』

という本を読んで考えさせられた。
今の仕事をやめたら、本を出したいとおもっているのだが、それがなかなか面倒なことが分かった。
本を出す(流通させる)には大きく3つほどあって、
出版社に企画を持ち込み採用される。でも、これはよほどネームがないと無理だ。
 毎日、本は出されるけど、売れない。売れないから冒険しない。悪循環だ。
 それに、それだけの気力も体力も勇気もない。
自費出版。これは製本から流通まで扱ってくれる所もあるけれど、金がかかるし、何より怪しい。取次ぎ制度が あるから、自分で営業するしかない。
自分で出版社をつくる。 これが問題だ。自分で作って、自分の本を出す。一見、理にかなっているようなのだが・・・続きは明日。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/715-5c2f07a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック