FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18年1月26日(金)  晴れ 天気は良いけれど、大寒波。東京では二日連続-4℃
インフルエンザの流行は過去最高
 

今日はクリント・イーストウッド監督作品『J.エドガー』の紹介。取り溜めてある録画を消化する。
『J.エドガー』(映画)
J.エドガー
 FBIの創設者であり、初代長官『J.エドガー』の伝記的作品。
 孤独で、でも野心家でもあった、彼のFBIを創設し、大きく成長させていく過程の正と負の姿を描いたもの。
 『J.エドガー」の青年期?から晩年までをレオナルド・ディカプリオが好演している。
 しかしながら、エンターテイメントとしておもしろいかと言えばそうでもない。
 クリント・イーストウッド作品は割りと好きなので肩透かしを食らった感じではある。

 1900年代初期、ソビエトの建国と同時にアメリカで共産主義の過激派があちこちでテロ行為を行う中、その対策をまかされたのが、J.エドガーだ。彼は「情報は力だ」との信念の元、アメリカ全土の過激派のデータのカード化を行う。個人や組織情報の一元管理だ。
彼はその当時まだ普及してなかった指紋の調査など科学的な捜査方法の草分けとも言えそうだ。捜査局(FBIの前身)の中に科学捜査課を勝手に設けて捜査を進めていく。
一方、権力者や政治家についても情報を収集し、プライベートファイルを作り上げて自らが影の権力者ともなっていく。それは、例えばケネディやキング牧師のプライベートを盗聴するなどかなり暴走気味だ。

1930年代に共産主義の過激派は一掃されたが、世界大恐慌による世情不安で凶悪犯罪は増加。
彼は、リンドバーグの子誘拐事件を契機に誘拐を連邦犯罪とし、(市警との確執もあるのだが)捜査局に逮捕権と武器所持を認めさせる通称「リンドバーグ法」を主張し成立させることに成功する。

ちなみに彼はイメージ戦力にも先進的で、コミックやラジオなどいわゆるマスコミも利用していたようだ。優れてはいる。しかし、差別主義者っぽくもあり、アメリカンファースト的でもある。さらに、ホモセクシャルでもあり、女装趣味もあったようだ。副長官であるトルソンとの関係も描かれている。一筋縄ではいかない人物なのだ。

しかし、そんな彼も晩年の衰えと異端と言われたニクソン大統領の登場により、狂気と悲嘆の時代を迎えることになる。


「今日の気になる言葉」

回顧録的な独白の中で・・・
「道徳が衰退した時代。善人が手をこまねいていると、悪が栄える。すべての国民は知るべきだ。悪は国家を脅かし、子どもたちを危険にさらす。世の中の動きに無関心で過去から学ぼうとしない社会はやがて滅びる。我々は歴史を忘れてはならない。絶対に油断してはならない。今日でさえ、アメリカを主たる標的としている組織がいくつもある。彼らはアメリカ国民の安全で幸福な生活を破壊し想像もできないような無秩序で不道徳な状態にこの国を貶めるだろう。」

「民主主義の真髄とは個人の価値を信じることにその根本がある。いかなる政治体制や組織より人生に意味がある。愛はこの世で最も強い力だ。憎しみや差別という不自然な感情よりも、長く人の心の中に生き続ける」


「権力者」が道徳や民主主義を声高に語るなっていう気もするが・・・どの国どの時代も同じだね。今の「マイナンバー制度」とか「共謀罪」とかうさんくさい制度や法律も使い方次第では恐ろしい市民弾圧の凶器と化すだろう

さて、今日の報告。
昼食はハム・トースト2枚、かにクリームコロッケと白身魚のフライ。わかめのお味噌汁。
TVでは、明智小五郎シリーズの『吸血鬼』を見る。小林少年役の黒田勇樹さんが、背が伸びたみたいで、いきなり海外留学に出ていて、事件のために戻ってきた時には、今までの半ズボンではなく、ジャケットにスラックス姿になっていたのは驚いた。
浄水器の電池が切れていたので購入。でも、電池のサイズが最近いろいろ過ぎて面倒。
昨年、後半から家の家電にいろいろ不具合がでてきて難儀している。電灯なんて、切れないものつくれないのかなあ。買わないともうけがでないから無理なのかな。

きょうの夕食は、寒いので「湯豆腐」で一杯にします。

お休みなさい


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!





関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/727-18a805b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。