FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18年2月5日(月)  晴れが続く。良いことだ 寒くて天気が悪いと身体の調子も悪くなるよ。気持ちも沈むし・・・

今日は、「カウンセリングのための心理療法」の第二弾。「認知行動療法」について考えてみた。その覚書。

認知行動療法』(カウンセリング

認知行動療法』は、学習理論(行動理論)を基礎とする行動変容のための「行動療法」を出発点とし、「アルバート・エリス」の「論理療法」、「アーロン・T・ベック」の「認知療法」などの研究の積み重ねから生まれた。
読んで字のごとく、思考などの認知と行動に働きかけをして、感情や生理の変容を促していく療法である。
 
これが、どんなものかというのを説明する前に、「行動療法」・「論理療法」・「認知療法」についてもふれておきたい。

 「行動療法」
注目し焦点化するのは、客観的に測定可能な「行動」であり、その行動の変容を目指す。それは、例えば、望ましい行動の「強化」や望ましくない行動の「弱化」といった行動のコントロールである。特徴は「訓練」に近く、実際に、刑務所の矯正指導や技能習得の訓練などにも応用されている。「精神分析」のような原因探求や「来談者中心療法」のような受容的な支持療法とは違い、あまり内面的な要素を取り入れることはない。有名なのは、パブロフの犬 条件反射(条件付け)だ。


論理療法
論理療法1
認知(考え方・思考)が感情をつくり、行動に移行するというのが基本的哲学。したがって、認知を変えれば、感情や行動も変わっていくという考え方。問題解決志向が強く、教育指導的な側面もある療法だ。
提唱したのは、上の人「アルバート・エリス」
有名なのが、「ABCモデル」 Aが感情が生じるきっかけになった体験。Bは思考。(良い思考と悪い思考がある) そして、その結果として生じる感情や行動がC。そして、否定的な悪い思考に着目する。これを「認知の歪み」と言う。
つまり、その「認知の歪み」に気づき、変えることができれば、問題解決に至るということだ。


認知療法
認知行動療法3
この療法は「苦痛を感じている人の認知(思考)は硬直化しやすく歪みやすい」というのが基本的な考え方。この硬直化し、歪んだ認知を変えるのが「認知療法
これも、指導的・教育的要素の強いもので、まずは「物事には必ず二つ以上の見方があり、その選択はクライエント次第である」と伝えることが始めだ。
有名なのは、「情報処理の間違い」 例えば、

オール・オア・ナッシング(黒か白か、間を認めない極端思考)
結論の飛躍(不確実な情報から無理矢理、結論を導く思考)
読心術(証拠もないのに他人の考え方を決め付ける思考)などがある。

開発したのは、上の人、「アーロン・T・ベック」だ。


そして、以上の3療法を軸として1980年代から世界的に広がったのが『認知行動療法』である。アメリカでは最早主流。『精神分析療法』・『来談者中心療法』と並び、三大療法ともされている。
認知と行動の両面から働きかけるため非常に治療効果が高いとされている。

認知行動療法1
左は「認知療法」の論理モデルだが、これを使って説明すると、
まず注目するのは「出来事」にあたる部分である。『認知行動療法』では、これを「環境要因」として、そのクライエントが、どういう環境下にいるのかを考え、その上で「認知」・「行動」・「気分(感情)」・「身体的反応を見ていくのである。そして、その中でも「認知」と「行動」は自分自身で選択できると心理的教育を行なう。

『認知行動療法』の原則は、基本モデルに沿って、クライエントの体験を理解すること。そして、「今」の問題に焦点化する問題解決志向であること。最後は、教育的側面を重視し、クライエントに自己解決力をつけることである。
この時、カウンセラーとクライエントはチームを形成し、信頼関係に基づく実証的見地から共同作業を行なっていくことになる。

『認知行動療法』はいくつもの構造化された技法があるが、それは機会があったらまとめることにしたい。

でも、この療法、ボクは何か好きじゃないんだよなあ。何か騙されてる気がして・・・心を無理にねじ曲げてるようでもある


さて、ここからは<近況報告> <日記>ってした方が良いかなあ。『凡人日記』だし・・・
まあ、読みたい人は「続きを読む」をクリックしてね。スルー推奨だけど・・・。


BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

6時位に目覚める。「途中覚醒」はなし。「早朝覚醒」ほどでもないしね。
11時位まで、ベッドの中でニュースの確認とフェイスブックを見る。
それから、ごそごそと起きだしてテレビをぼんやり見る。TV東京の「昼ごはん見せて」(正確なタイトルは知らん)が好き。

昼食はウィンナーとチーズ、トースト2枚。わかめのお味噌汁。
午後は録画の消化。「認知心理学」と「認知行動療法」、「ゲシュタルト心理学」の3本を見て、資格のレポート。

昨日の夜は『明日のジョー2』を見たけど、面白かったが、特筆すべきものもないので、記述せず。
でも、このマンガ自体はボクシングマンガの傑作だよな。『がんばれ元気』も好きだった。

今日はの夕食は昨日のおでんの残りの汁で鳥雑炊でもつくるつもり。

では、お休みなさい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/738-9554fd9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。