FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18年2月9日(金)  晴れ。 昼間は暖かだった。助かる 

今日はFBで気になる記事を見つけたので孫引きする。要約してあるので注意。

うつ病の人がよく使いがちな言葉』(メンタルヘルス

うつ病と言語の関係を調査する方法は、今までは、研究者が被験者のノートを読み、記録することだった。これを、自動解析と機械学習を用いて分析してみたところ、これまで知られていなかった「うつ病」の人たちがよく使う言葉や表現が明らかになってきた。
うつ1
うつ病の人の多くが否定的な感情を示す「形容詞」や「副詞」を多用する傾向にある。しかし、最も興味深いものは代名詞の使用方法にあり、「自分」「自分自身」「私」など一人称の代名詞を多用することが判明した。
逆に「彼ら」「彼女」など三人称の代名詞はほとんど使用されない。この結果から、うつ病の人々は自分自身に強く重きを置いており、他者とのつながりが少ないことを示しているとのこと。研究によると、「うつ」を特定するには「否定的な感情を表す言葉」よりも「代名詞の使い方」を調べる方がより効果的であるとのこと。

うつ2
次に、合計で6400人以上を調査した結果、代名詞や否定的な感情表現とは異なり、「常に」「何もない」「完全に」など、絶対的な大きさや確率を表現する「絶対主義的な言葉」を多用することがわかった。
研究者によると、うつ病の人は白と黒をはっきりさせたい思考を強く持っていると考えられ、「絶対主義的な言葉」を使っている人の有病率は「不安とうつ病」では約50%、「自殺念慮」では約80%とかなり高い値となっていたとのこと。

「代名詞の使い方」は、「絶対主義的な言葉」と似た分布となることは確認できたが、ここまで高い有病率とはなっていないようだ。また、「否定的な感情を表す言葉」で調査すると「自殺念慮」よりも「不安とうつ病」の方が高い結果となったことが明らかになっている。

「回復」段階では「否定的な感情を表す言葉」が大部分を占めており、またポジティブな表現も約70%と高い割合で存在した。しかし、「絶対主義的な言葉」の出現率は「不安とうつ病」よりもわずかに低い値にとどまりつつも存在はしているとのこと。
以前にうつ病を経験した人は現時点で何も問題がなくても、「絶対主義的な言葉」の多用が見られるときは、「うつ」を再発させる兆候であると指摘されている。

出典はここ。詳しく知りたい人はここをクリック!
機械学習を使った調査で「うつ」病の人がよく使いがちな言葉が判明

今日はちょっと手抜きだ 完璧にパクリになっている。でも、まあ、情報提供ということで・・・

<日記> スルー推奨。読みたい人は「続きを読む」をクリック!

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
7時半に起床。
ベッドの中で、そのままFBとニュースをチェック。
9時半に起きだして、ブログもチェック。
今日は、防犯活動があったので、10時半に外出。
今は亡き父親の年金の払い戻しやらがあるそうで、そのために戸籍謄本を入手。
でも、お役所とは相性が合わないようで、やっぱり辟易した。(本籍を覚えてない、免許を忘れる)
そのあと、ネットプリントサービスで、レポートと本の買取申込書をプリントアウト。
昼食は、「まつや」で「豚の生姜焼き定職」、割と好き。560円だったかな?
家に帰ってから、録画の消化。
『犯罪の心理学」と「職場のストレス」を消去。
夕食はインスタント焼きそばを食べる予定。

では、お休みなさい。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/742-198d9c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。