FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18年2月10日(土)  夕方から晴れ。  5時過ぎから雨。寒さはちょっとゆるんだかな。

昨日の「うつと言語」のことを考えていて、やはり「言語」には「心」があらわれるし、「心」は「言語化・象徴化」することが必要だなあと感じた。『箱庭』は「象徴化と言語化」両方できるが・・・弱点もある。そこで、今日はカウンセリングで使う技法の一つ、「フォーカシング」についてまとめる。

フォーカシング』(カウンセリング

フォーカシング』はアメリカの心理学者「ユージン・ジェンドリン」が開発した心理療法。
彼はシカゴ大学の大学院のとき、人間中心療法の「カール・ロジャーズ」のもとで学び、「成功しているクライエント」が共通して行なったある特徴に注目して、『フォーカシング』を開発した。

フォーカシング1
その共通点とは、クライエントが言い淀んで「う~ん」とか「え~と」とかを発し、時間を取って言葉を捜すこと。つまり、言語化はしにくいが、何か意味のある感じを身体の内部に持っている。
この漠然とした感覚を「フェルト・センス」と言う。
「成功しているクライエント」はどんな療法下でも、この身体で感じる変化の体験をしているというのだ。

フォーカシング』」はその内なる感覚と向き合い、語り合うことを中心とする。「ジェンドリン」(左の写真の人)は「フェルト・センスは私たちの内なるクライエント」だとし、「通常の意識的な自己」をカウンセラー(セラピスト)に見立てている。あたかもカウンセラーの如く「フェルト・センス」と接せよと言っているわけだ。

フォーカシング2

技法的には、大きく分けて3段階に分けられる。
①自己の内面に注意を向ける。
②「フェルト・センス」と共にいる。
③「フェルト・センス」と対話をする。
の3段階だが、そのプロセスをまとめると「5つのスキルと5つのステップ」(アン・ワイザー・コーネル)になる。

「5つのスキル」
①自然体であるがままを認める。
②「フェルト・センス」とほど良い関係を見つける。
③「フェルト。センス」を友達のように扱う。
④出てくる言葉やイメージと「フェルト・センス」を共鳴させる。
⑤出てくるものはすべて受け入れる。

「5つのステップ」
①身体の内側に注意を向ける。
②「フェルト・センス」に気づく。
③ハンドル言葉(あだななどの「フェルト・センス」を呼ぶ時に使う言葉)やイメージを見つける。
④その感覚と一緒にいる。
⑤終わる。
実際には、①の後、②③④を何度か繰り返して⑤に至る。

もう少し具体的に記したいが、長くなるので割愛。ちなみに、ユング派の『アクティブ・イマジネーション』にも似たところがあるので、参考にしてもらいたい。

↓当ブログ内の記事『アクティブ・イマジネーション』を読みたい人はここをクリック!
『アクティブ・イマジネーション』

<日記> スルー推奨。読みたい人は「続きを読む」をクリック!

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加



7時15分に起床。今日は、スマホをチェックしたので、正確な時刻を記憶していた
そのままFBとニュースをチェック。
眠たくなったので二度寝。
11時45分位に再び起床。
起きだして、TVを見ながらブログチェック。
昼食に、トースト一枚とロールパン2個。ウィンナーとスクランブルエッグ。コーンスープ。
午後はいろんな手続きの書類の準備とレポートの清書。手書きじゃないとだめなんで、めんどうくさい。
後は、買い物と録画の消化に費やす。
夕食は、鳥もやし炒めとライス。納豆、のり、ねぎの味噌汁。
TVで映画『本能寺ホテル』を見ている。
明日は、レポートを完成させ、次の段階に進めたい。

では、お休みなさい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/743-57ab65b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。