FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 曇り・・・だったような気がする。何せ夕方になるまで外に出なかったもので
でも、寒かったは確か。暖房いれるまでもなかったけれど・・・


昨日の市役所の件の「怒り」は一晩寝たら収まった。
負の怒りの感情に飲み込まれたくは無いものだ。
『アンガー・マネジメント』のお勉強と実践の必要を感じたが、これはそのうち・・・の話。
今日は多くの人に誤解を与え続けている『メラビアンの法則』についてだ。


メラビアンの法則』(心理学

メラビアンの法則』とは、アメリカの心理学者『アルバート・メラビアン』さんが、実験の結果導き出したコミュニケーションの法則のこと。
人の言語を「言語内容」・「聴覚」・「視覚」の3つの視点にわけて実験した結果、

・言葉そのものの意味・話の内容等が7%<Verbal>
・声のトーン・速さ・大きさ・口調等が38%<Vocal>
・見た目・表情・視線・しぐさ・ジェスチャー等が55%<Visual>

ということであった。つまり、言語情報以外の情報(Non-Verbal)が93%ってことになる。


メラビアン1
「人は見た目がなんちゃら」とかいうベストセラーの本があったが、まさにその基となったといえる法則なわけである。
ただ、これは実験の結果が一人歩きをしたものであって、言わば「都市伝説」に近いのだ。

実験は確かにそうなった・・・が、ある前提がすっぽり抜け落ちている。実験は以下のような素朴なもの。

まず、「好意」「嫌悪」「中立」をイメージする言葉を3つずつ設定する。(例えば、「好意」は、“honey”といったようなもの。)
次に、これら9つの言葉を、「好意」「嫌悪」「中立」の3つのイメージで、それぞれを録音する。
さらに、「好意」「嫌悪」「中立」を表した表情の顔写真を1枚ずつ用意する。
その上で、録音と写真をさまざまに矛盾した組み合わせをつくって被験者に示し、それぞれについて被験者が最終的に「好意」「嫌悪」「中立」のうちのどの印象を持ったかを質問する。

というもの。そして前提は、「発信者が受信者に対して与える影響は、それらが矛盾していた場合にどうなるか」ということなのである。
つまり、悪魔のような声で「愛しているよ」などとささやかれても、言葉の内容よりインパクトの強い声の方が影響を与えるのは当然なのである。これを過剰に一般化してしまった結果、「言葉の内容」より、「声」や「見た目」が大事とされてしまった。

もちろん、『メラビアン』さんが悪い訳ではない。が、良く考えれば自分が言ったことが7%しか伝わらないのではビジネスはおろか日常生活もおくれないのは自明の理である。


メラビアン2
まあ、『心理学』関係には、こんな話はいくらでもあるが、
知らない間にボクも「嘘」を広めているかもしれないから、自戒の意味も込めてのご紹介。
本当は、この図みたいにそれぞれの領域で大事なことがあるって考えるのが、コミュニケーション上、大事だと思うけどね。


<日記> スルー推奨です!

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
起きたら12時40分
もう本当に昼夜の逆転が始まっているなあ、気をつけないと。
でも、昨日良いこともあった。
寝室の照明が不調で、ずっと放置していたが、昨日、なぜか調整する気になって、適当にいじったら、
何とか日常生活に支障がない程度には復活。やった
ついでに勢いにのってFBのページまで開設してしまった。
酒の勢いだな
ちょっと、やっちまったか感はあるが、後悔はしていない。
いずれ開く気だったしね。もちろん「心理学・カウンセリング」関係。
興味がある人はコメントください。

今日はころから「おでん」で夕食。

お休みなさい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/762-73557da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。