横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 晴れ~。 暖かい~。 春近しだあ

最近、『映画』の感想ばかりで、『映画』ブログみたいになっている
でも、お勉強は続けているので、ぼちぼち紹介するよ。
だけど、今日も『映画』だよ


この世界の片隅に』(映画

何を今さら感が強いのだが、見直してみて良い映画だなあと改めて思ったので紹介する。
実はネット上では詳細な分析がされていて、もうどうにもならないので感想程度で勘弁。(いつもそうか


この世界1
公開時はわずか63館。制作費もクラウド・ファウンディングで集められた『映画』であるにも関わらず、公開劇場を大幅に増やしながら、1年以上のロングランを続け、海外にも進出。
『映画』界の各賞を受賞するなど奇跡的な支持を得た作品。今年は160分のロング・ヴァージョンの公開も予定されているらしい。

凡人なりに分析してみると、この映画の成功は原作と脚本の緻密さと原作への支持の高さ、そして『のん』(能年 玲奈)の起用が大きいと思う。

原作も読んだけれど、映画では主要なストーリーのいくつかは大幅にカットされている。しかし、戦時下の庶民の生活をきちんと取材していることは同じだ。さらに幻想的なことと現実的なエピソードが複雑に構築されている。にもかかわらず、表現はある意味ゆるく、ほのぼのとしているのだ。
何のことやらわからんと思うが、あらすじ的なことを知りたい人はをクリック。
『この世界の片隅に』


さらに『のん』の起用。素朴で、でも一生懸命で、可愛らしい、主人公の「すず」の声にぴったりはまっている。監督の協力なプッシュもあったようだ。干され状態にある彼女を作品のために起用したのは英断だと思う。

この世界2
深読みはいくらでもできるのだが、ボクが一番思ったのは、戦争前から戦時、そして、広島に原爆が落とされ、敗戦まで、日常生活をたんたんと描きながら、実は狂気の世界へと気づかないうちに人々が誘導されていったのではないかという恐怖だ。

人々は生活に困りながらも、時の政府の方針を受け入れて、工夫を重ねて文句も言わず(言えず)に過ごしている。
それは作品中、何度も描かれる食事のシーンに象徴されている。

「普通」が「普通」じゃなくなっているのに「普通」に変わっていく。

そして、多くのものを失っていくのだ。「すず」は両親、兄、可愛がっていた義理の姉の娘、初恋の人、そして、大好きだった絵を描くための右腕・・・。

戦争の悲惨さに重点を置いて描く『映画』より怖い。視覚的な恐怖は「ゾンビ映画」などでいくらでもあるのだ。

ただ、希望というか救いがない『映画』ではない。それこそが庶民にとっての「普通」の生活への希望だ。
家族の再生・再構築も予感させる。


今日の気になる言葉

―飛び去っていく、この国から正義が飛び去っていく―

「・・・ああ。暴力で従えとった言う事か。じゃけえ暴力に屈するいう事かね。それがこの国の正体かね。うちも知らんまま死にたかったなあ・・。」

のん」が公開時に語った言葉。

「ふつうの暮しというものがどんな時にもあって、生きていかなくちゃいけなくて。戦争というものが、ひとつの(独立したもの)としてあるのではなく、生活の中に隣り合わせに入ってくるものだっていうのを感じて、それがすごいこわい。だからこそ、(ふだんの)生活がすばらしくて幸せに思える、そんな作品と思います」


のん」さんのこの指摘は鋭いと思います。
ぜひ、見たい人や見た人は、原作もお読み頂きたいと思います。すごく様々な解釈ができる映画です。
入り口としてここもお勧めです。
ネタばれあり『この世界の片隅に』


<日記> スルー推奨!

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

8時位に起きる。
すぐは何もする気が起きない。
FB・ニュース。
起き出して、ブログのチェック。
いつもの毎日だ。
ただ、ブログを書きたいのだが、今回のテーマが強敵。
どう、まとめて良いのか思案する。
まあ、良いかって、思ったままにまとめた。
読む人には分かりにくいかもな。

昼食 納豆ご飯・ハムエッグ・オニオンスープ。
夜は、昨日の「ケンタッキー」の続きだな。

お休みなさい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/764-f59ae2d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。