FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほとんど晴れ。夜になって雨。今、豪雨予報と雷注意報が出た

』の心理療法シリーズ第四弾。この場合の『』は日本発祥ということ。
今日は日本独特の心理現象に注目し開発された。心理療法・・・ってよりはカウンセリング技法と言った方が正確かな。


生活分析的カウンセリングLAC法)』(心理学)

臨床心理士で大学教授でもある『松原達哉』が開発したカウンセリング技法。

LAC1.jpg
生活分析的カウンセリング』(Life Analytic Counseling)以下『LAC法』と略すが、主に、無気力・無意欲とされる学生・生徒に対して、「人間中心療法」的な対応と、「行動療法」の「セルフ・モニタリング」的な手法を導入したもの。

無気力・無意欲な人間は、日本の社会・経済・生活の変化に伴って、増加してきたとされ、極めて日本独特の現象。

特に『アパシー症候群』(スチューデント・アパシー)と呼ばれる、本業(学問)には意欲を持たないが副業(バイトやサークル等)には積極的な学生に対しての処方として高い効果と評価を得ている。

LAC2.png
ごくごく大雑把に方法を説明すると、
20~30枚の名刺大のカード(ラベル・付箋紙)を準備し、日常生活の反省の上での課題を、

①現在やるべきこと・やらねばならないことを1枚1課題で具体的にカードに書き込む。
②カードを類似性や関連性に応じて分類しグループ分けをする。
③各グループに名前を付け、別のカードに書いておのおのまとめる。
④名前が付けられたグループごとに必要性・可能性・重要性などを考え100点満点で点数化する。
⑤点数が高い順番に並べて、「生活行動分析計画図(LAC図)」を作成する<詳細省略>。
⑥「LAC図」の中で最も大切だと思うものを2つ選ぶ。
⑦最重点目標に対して「どのように達成していくのか」を示す「生活分析計画日程図(LAC日程図)」をつくる<詳細省略>。
⑧毎日の行動を評価し、達成できたものはラインマーカーで消し、1箇月ごとに評価・反省し、「LAC図」を作り直す。
⑨6箇月から1年ごとにどれだけ目標を達成できたか、行動を評価する。
⑩ある程度、行動目標を達成できるようになったら新しい「LAC図」をつくり、動機付けを高めるようにしていく。

って感じでまとめあげていく。

「行動療法」に日本の「KJ法」を合わせ、接し方は「人間中心療法」的な感じ・・・
ただし、健全で、ある程度知的発達が必要なことが前提条件。

教育現場で活用されることが多い。定期試験前の対策とか


学校現場では一斉に一律に・・・ってパターンが多いけれど、本当は1対1で緻密に話を聴いたり、「励まし」たりすることが大切なんだよね。
これは「カウンセリング」にとって必須だと思うな。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/770-bd80abb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。