FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴れ~。涼しくて過ごしやすい

最近読んだというか眺めた本の紹介。「心理学」や「心理療法」の近接領域かな。『夢占い大事典』
著者は「夢占い」ではなく「夢解き」(夢の解釈の仕方)と言っているが・・・。割と興味のある分野だ。


夢占い大事典(不二龍彦)』(読書)
夢占い1
惹句にいわく、「日本で一番詳しい夢事典!」
確かに3cmくらいの厚さはある。「事典」なので、語句を引くもの。基本的な意味するものと、「吉凶」両方の意味、解釈のポイントが記されている。
例えば、こんな感じ。

[やみ 闇]
基本的な意味:「運気のふさがり」や「出口の見えない精神状態」を象徴します。
解釈のポイント:しばしばこの夢を見るなら、心を病んでいる可能性があります。
吉夢
・「闇が晴れる、闇の世界から抜け出る」 それまでの不調から解放され、道が開ける。
・「闇の中にポツンと明かりが見える」 進むべき方向が見えてくる。
凶夢
・「自分が夢の中にいる」
①見通しがまったく立たない。②精神的に極度に行き詰っている。

「事典」なので、全体の紹介はできないが、その前書き的な、「夢解きのポイント」を要約する。

A夢は未知の外国語だと思え!
(夢に表れたものをそのまま日常の言語にしても無理。概念ではなく象徴としてとらえること。)

B夢の意味には二つの顔がある。
①多くの人に共通の普遍的な意味。
②自分だけに通じる個人的な意味。

C夢のビジョンには、必ず自分との接点がある。
まず、「自分だけに通じる個人的な意味」を探ることが先決。

D打ち消しに注意せよ。
出てきたシンボルが、どんな状態か、どうなったか、あるいはどうなろうとしているかを注意深く観察することが大事。

E自らの現状に即して判断せよ。
夢はその人が置かれた状況、年齢、性別などによって、まるで違う。

F目覚めの時の印象・気分をチェックせよ。

G「雑夢」か「予知夢」かチェックせよ。
(夢には「雑夢」と「予知夢」があり、後者の方がかなり明晰だとのこと)


ボクは占いの類はまったく信用しないけれど、スピリチュアルなものを否定はしない。
それは相当の歴史を持って、現代まで生き抜き、多くの人を癒して来ているからだ。
その効用は否定はできないと思う。

ちなみに、「ジェイムズ・R・ルイス」の「夢の事典」によると、
「闇」(Darkness)は、「他の多くのありふれた日常体験の要素と同様に、暗黒は、広範囲なものを表すことができる。光の対極物としての暗黒は、悪、死、未知への恐れ、喪失感を表しうる。夢に表れた暗さや暗い部分が、無意識、子宮、目に見えない可能性を象徴することがよくある。あらゆる夢の象徴の場合と同様、夢全体の雰囲気と背景から、どの解釈が適切なのかが分かる」としている。


励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
関連記事
コメント
この記事へのコメント
書評でつながる読書コミュニティ・本が好き!のご案内
突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
2018/04/03(火) 21:11 | URL | 本が好き!運営担当 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/774-d38c1bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。