FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴れ。暖かい。もう完全に春だなあ

最近、「秋山さと子」さんの『ユング性格分析』という本を読んでいるので、ユングの『性格論(タイプ論)』についてまとめたいと思う。
本の紹介ではなくて、ボクなりの解釈。間違っている部分もあると思うので、そのへんはご容赦を。また、教示いただけるとありがたい。


ユングの性格論』(心理学)

ユングの性格論』で有名なのは「内向(的)」・「外向(的)」がある。
これを「ユング」が考えたものだとは知らなくても、言葉だけは知っている人は多いだろう。

実はこの考え方は、「ユング」が「フロイト」と「アドラー」が「神経症」の原因について異なる解釈をしたことが発端にある。

「フロイト」は患者と父親、母親の3人の心の外的な関係の中にエディプス・コンプレックスがあるとした。
それに対して「アドラー」は患者の心だけに焦点をあて、そこにある劣等感をめぐる権力の理論で説明できるとした。

「ユング」はなぜ同じ患者なのに、二つの理論が導き出され、そのどちらも効果的であるのかを検討し、この違いは、「フロイト」と「アドラー」の心の方向性の違いではないかと考えた。

つまり、「フロイト」の心の方向性は外側に、「アドラー」の心の方向性は内側に向けられ、それが患者に投影されたものとしたのである。

これが、「外向ー内向」という心的エネルギーの方向性の理論である。


タイプ論2
さて、この「外向ー内向」を立体的な天地軸とすると、平面には、「合理軸ー非合理軸」が交差し、「心の4種の機能」が考えられている。

「合理軸」とは、価値判断基準に基づく機能であり、「思考ー感情」の2種類である。どちらかが優位に発達すれば、もう一方は劣等機能となる。「感情」は「合理的」ではないと思う人もいるけれど、「ユング」は「快ー不快」の価値判断基準によるものだから、「合理的」としている。

一方「非合理軸」は価値判断基準に基づかない機能であり、「直感ー感覚」の2種類になる。「感覚」は対象そのものを見るのに対して「直感」はその背後のものまで探ろうとする。ある一枚の絵を見て「美しい」とか「下手だ」と思うのは「感覚」であり、「100万円くらいの価値はある」とか「○○の描いた作品だ」などと思うのが「直感」である。


タイプ論1
これらの「内向ー外向」の「心的態度」と「四つの機能」を組み合わせることによって、「ユングの性格分析」は成り立っている。

例えば「外向的」で「思考」の機能が優位に働いている人は「外向的思考型(タイプ)」、逆に「内向的」で「直感」が優位に機能している場合は「内向的直感型」という具合だ。

しかも、「思考型」であっても、第二位に「直感」が来るのか「感覚」が来るのかによっても又違ってくる。つまり、第二位まで含めると16種類の「性格類型」があるということになる。この「類型」は興味深いし、一見、役にたちそうだが、「ユング」自身はこのような、ラベル貼りには興味はなかったらしい。

「ユング」は「外向ー内向」については生得的なものとしながらも、「四つの機能」については、今、どれが優位に機能しているかということであって、「未分化(発達していない)」な劣等機能を成長させることによって、よりバランスの取れた人間になれるとかんがえていたようだ。要は「自己実現」なのである。


ちなみに、これも簡単に診断できるサイトがある。便利になったものだなあ。ユングの性格類型
ボクはこれ
タイプ論3
なお、「秋山さと子」さんによれば、対極の性格にある人同士は決定的に相性が悪いそうで、こればっかりは無理して合わせない方が良いそうです

では、今日はここまで。お休みなさい。



励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
関連記事
コメント
この記事へのコメント
Sheephumanさんへ
やられましたかv-290
まあ、なかなかにおもしろくはありますが・・・。
国際規格?は100問近くあるそうです。

ネットの心理テストの類には、プライバシーまで聞いてくるのもあるから注意しないといけませんね。
2018/04/07(土) 13:37 | URL | momo2006 #-[ 編集]
診断テストの結果
自分は完全無欠理想主義者らしいです。
確かにそうだと思います。

最後、出身地まで訊かれるとは思いませんでしたが。
2018/04/06(金) 21:43 | URL | Sheephuman #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/775-90f9438c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。