FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
ど~んよりした曇り。風が強い。気圧が文字通り圧迫してきて、体調が悪い。このあと嵐になるらしい。

今日は部屋を片付けていて、昔、精神面の危機に直面したときに、病院で見つけた無料の2冊組の冊子がでてきた。
WRAP(Wellness Recovery Action Plan)』、日本語訳は「元気回復行動プラン」
随分、示唆をあたえてもらったものだ。


WRAP(元気回復行動プラン)』(メンタルヘルス)

WRAP1.jpg
この『プラン』は、当時「躁鬱病」で苦しんでいた、アメリカの「メアリー エレン・コープランド」さんが、他の「生き辛さ」を感じていた当事者たちと「健康であるための工夫」を聞いて創り上げたもの。

実際に一般の人の見方とは異なり、当事者たちは、自分が「健康」であるために、それこそ涙ぐましい努力と工夫をしていることは多い。そういう工夫を誰にでもできるように精錬して、その要諦をまとめたもの。

メアリー」さんは、元気であるために、あるいは、元気を取り戻すために、必要なことは5つだとしている。

①希望の感覚を持つこと:どのような状況でも可能性を信じあきらめない。
②自らが主体的であること:自分にとって何が必要であるか自分で判断し自分で選ぶ。
③学ぶこと:過去、現在、未来に向けて学び続け、実践し検証する。
④自らの権利を擁護すること:自分にとって大切なことを大切にし主張する。
⑤サポートされる・する関係を構築すること:遠慮せずお互いがお互いを助け合う関係を築く。

の5つである。


WRAP2.jpg
「プラン」を作成するのは自分自身。「プラン」は6つの分野にわたる。

①「日常生活管理プラン」=「私はどんな人か」・「元気であるため毎日すること」・「時にはやると良いこと」の3ステップ。
②「引き金に対処するプラン」=「調子を崩すきっかけになる出来事」・「それを乗り切るために必要な方法」
③「注意サインに対処するプラン」=「更に何かをしなければならない注意サイン」・「注意サインが落ち着くため毎日すること」
④「調子が悪くなっている時のプラン」=「緊急事態が生じそうな気分や行動」・「その時の対処」
⑤「クライシスプラン」=「普段の私について」・「症状について」・「サポーターになって欲しい人、欲しくない人」・「薬について」・「治療について」・「入院以外の方法」・「病院についての希望」・「周りの人からのサポート」・「終了のサイン」
⑥「緊急状態を脱した時のプラン」=「脱出したとわかること」・「脱出したときの感じ」・「サポートしてくれる人」・「家にもどってすること」・「生活上責任を持ってしてきたこと」・「肩代わりしてくれた人」・「責任を取り戻すための手順」

これらを、具体的に詳細にリストアップしていくのである。そして、それらを、一つのセットとして紙媒体などにまとめ、常に眺め、調整し、携帯し、実行する。「日常生活管理プラン」は、いつも目につくところに掲示しておくと良い。

写真の2冊は、簡易な説明編とリスト作成編(個々のリストの空白の記入欄がある)になっている。健康だと思っている人も浮き沈みはあるだろうから、やってみても良いかもしれないね。

お休みなさい・・・



←励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/777-6b047882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック