FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曇り。ああ、だが雨が近づいている。体がだるいなあ

ちょっと体調が悪いのと、なかなか難解なテーマに対峙しているので、消化が追いつかず、ブログの更新が滞ってしまった。
無理せずやっていこうと思う・・・。

今日は『ユング個性化』についてのこと。『個性化』というのは「ユング心理学(分析心理学)」の用語であり、平たく言うと「自己実現」のこと。ただ、この「自己実現」も心理学者諸氏によって微妙に違うこともあって、ユングは『個性化』という言葉を好んでいたようだ。


ユング個性化』(心理学)

「自己実現=個性化」という言葉を使い始めたのはユングが最初。ユングは人間の成長は一生続くものと考え、その後半生の課題を、自分の前半生で生かしてこれなかった特質(性質)を、伸ばして、より「自分らしく」生きることであるとしている。それは「自分勝手」な生き方ではなく、むしろ社会や周囲と調和していく生き方を指している。

個性化2
しかし、この考え方に至るまでにユング自身の壮絶な『個性化』の過程があるのだ。

ユングは第一次世界大戦前後に多くの夢やビジョンを見て、それを「黒の書」としてまとめている。
さらに、フロイトと決別した後も精神的な危機状態に陥り、苦しみのどん底にあり、やはり多くの夢やビジョンを見るようになる。

その時、ユングは一つの誓いを立てる。見た夢を文章と絵画によって記録し、自身の無意識と対決することだった。
1914年から1930年まで、なんと16年間もそれを続けている。

それは『赤の書』という書物にまとめたが、ユングの家族によって門外不出とされ、解禁されたのは2009年のこと。
翌年には邦訳も出版されている。

そこからが厄介なのだが、恐らくはユングは無意識の深い層まで行って自身の元型(無意識的人格)の「シャドウ」(陰・負の自分)と対峙していたのだと思う。夢やビジョンは次第に変容し、最後期には曼荼羅や「賢者」の姿が現れるようになっていく。こんな恐ろしいことは常人にはできない。


個性化1
ユングは意識の中心である「自我」ではなく、「心」の中心と考えられる『自己(Self)』の完成への過程?を『個性化』と考えているのだ。

「箱庭」も曼荼羅の形が現れることが、一つの完結を意味するとされているが、形式的に見ることはできない。

ああ、ユングは難しい・・・

今日はこれまで。お休みなさい。



←励みになります。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村テーマ メンタルヘルスへ
メンタルヘルス
関連記事
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2018/07/25(水) 18:26 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/782-5dbf35bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。