FC2ブログ
横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 休日。今日から、ジャンルを分けていくつもり。でも、中身は今までと同じなので、あんまり期待しないように。その日の一番特徴的なのをジャンルで分類しておくことにした。自分でも分かりやすいし・・・。

 朝8時位に目覚める。一個の携帯は、設定がそのままなので、「ママのピアノ」も鳴ったはずだし、「Dear Women」もそのまま鳴ったはずなのに目覚めなかった。休みだからという安心感もあったとは思うが、昨日飲んだのは「デパス」一錠のみ。恐るべき「デパス」である。そのあと、二度寝に入る。12時過ぎまで寝る。我ながらおかしいとは思うが、眠れないよりは百倍もましである。一晩、眠れないで、朝を迎えるむなしさをどれくらいの人が知っているのだろうか。それが、毎晩となると・・・地獄である。

 12時、「マルコ」へ行く。今日は、「あさりとトマトのボンゴレスパ」のランチセット。うまい。よくぞ、この町に来てくれたという感じである。前に住んでいた町の「路山亭」には、ちょっと及ばない感じはするが、本当においしい店である。ただ、オープン当初なので、店長が最後に感想を聞いてくる。「おいしい」とだけで良いと思うのだが、妙に食通ぶって「トマトの酸味が・・・」とか言ってしまう。自己嫌悪。
でも、アサリは地の物を使ってくれているようで、そういうのはうれしいね。

 家に帰ってからは、眠らないように、メールをチェックし、新聞を読んで『密やかな結晶』(小川洋子)を180Pまで読み進む。バックミュジックに『イマージュ3』を聞く。うちには7.3chのホームシアターがあり、実際には5.1以上の録音は皆無なのだが、ボクが中途半端が好きじゃないからバックスピーカーを一つ追加して、無理矢理7.1chの仕様にした。映画では、そんなに影響を感じないが、音楽となると俄然威力を発揮する。頭の真上で音が飛び交う感じが心地よい。『密やかな結晶』は
小川洋子ならではの、研ぎ澄まされた文章で表現されており、この人は本当に言葉を大事にしている人なのだなと思う。村上春樹以外に久しぶりに純文学にはまりそうな気がする。

 夜、「末広」にて、チキンカツライスを食べる。おいしい。下品で邪道かもしれないが、これは絶対、ソースではなく醤油で食べるべきである。わがままを聞いてくれるなら、このチキンカツを使って、本当の「チキンカツ親子丼」を作ってほしいなと思う。

 家に帰り『東京ゴッドファーザーズ』のDVDを見る。久しぶりに大人も感情移入できる見事なドラマだったと思う。アニメで泣かされたのは、たぶん『フランダースの犬』か、『アライグマ・ラスカル』以来ではないのだろうか。クリスマスの夜に捨て子をひろった、酒飲みで博打好きのギン。オカマで母性本能満タンのハナ。家出中のミユキ。それぞれがそれぞれの事情を抱えながら、捨て子の本当の親を探し出しに行く。全員、いわゆるホームレスである。しかし、その子を巡って、繰り広げられる奇跡の連続。見事である。実写では不自然。しかし、アニメだからこそ描ける虚構の世界。ここにぜひ注目しをてもらいたい。と思う。

 この町にもホームレスの人はいる。今日の寒い雨の中立ち尽くす人の姿を見た。ここに越してから、しょっちゅう見かける顔である。でも、不安になった。この寒い季節に傘をさして明日を迎えようとしている。
いずれ死んでしまうのではないかと心配になる。年齢は分からない。でも、福祉の手はここには及ばないのだろうか。市場稀に見る高収益をあげている企業を減税して、こんな人たちをほおって置いて良いのだろうか。政府が駄目なら儲けている企業が手を尽くせ!君たちが一番の利益をえているのだから。

 ギン「子どものことを忘れたことは一度もねえ!自分の命よりも大切に思ったことも他にねえ。」
 ハナ「子どもを捨てる必要なんか、この世にあっちゃならない。」
ミユキ「子どもの命を粗末にして何が家族だよ!」/font>
      『東京ゴッドファーザース』 今敏より
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0016770999.blog68.fc2.com/tb.php/8-99fd5ff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック