横須賀のカウンセラーのブログです。『箱庭療法』を中心に、カウンセリング・心理学全般を考察中。映画や本についての感想もUPしています。
 晴れ。天気が良いので日の当たる所は暖かいけれど、気温的には低い感じだ

昨日、「楽天」に注文していたマンガ『ラーメン大好き小泉さん』の新刊が届いたので、久しぶりにの感想。
老眼と近眼がひどいので、を読み通すのがつらいので、最近は読書から遠ざかっているが、マンガだと短時間で気楽に読めるから助かる。
最も短時間過ぎるので、損した気分もあるが・・・。

ラーメン大好き小泉さん6』(読書
「飯マンガ」大好きなので、ボクが最近唯一買い続けているマンガ。
1月からは、アニメでもやっている(なかなか見られないけれど

ラーメン1
シリーズ6巻目。
「ラーメン」が大好きで仕様がないクールな美少女の「小泉さん」とその周囲の人間との関わりをラーメンを中心に描いている。
ある意味「ラーメン」が主役。
一話完結でおそらくモデルがあるであろう店が登場する。
どこそこの何ていう店という紹介はない
このへんは通の人ならほくそ笑む所だろう。

ボクは一つだけ分かった。
ボクが地方へ行くときに候補のNo1としているホテルだ。「夜鳴きソバ」の無料サービスがある。
温泉や大浴場やサウナがある所が多く、普通のビジネスホテルよりもお得感がある。
でも、カップヌードルの無料サービスがあるのは知らなかったのだが・・・


「今日の気になる言葉」
後輩にお勧めのラーメンを聞かれて、
「オススメのラーメン・・・そんな厄介な問いに答えたくありません」

「店のラーメンですか?それとも市販?」

「いつ?どこで?誰と?何を目的に?私はあなたの味の好みすら知りませんー少なくとも」

「出汁・タレ・香味油・具財等の味の系統、味の濃さ、アブラの料、麺の形状・太さ・全体的な量、1人で行くのか・複数で行くのか、地区や路線等店の場所、店内の雰囲気、その他備考、・好きな/苦手な食材・サイドメニュー・つけ麺や油そば・ご当地食材の使用、最低限これくらいの情報開示が無ければ無責任にオススメなんてできません」

人を知るって大切なことなんだよなあ。

<日記> スルーオススメ。読みたい人だけ「続きを読む」をクリック。きっと後悔します

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
18年2月11日(日)  晴れ。暖かい。このまま春になれば良いのに

大分、『箱庭』で使うパーツ(素材)が揃ってきたので、随時、紹介することにする。でも、これら保管するの、結構、大変
でも、増えていくとテンションがあがるよ
今日は『動物フィギュア』リアル編。


箱庭』のパーツのご紹介1(箱庭

箱庭パーツ1
どちらかと言えばリアルな動物さんのフィギュア素材。この写真はほぼ全員集合。
動物はプリミティブな素材なので、『箱庭』では頻繁に登場する。
写真をクリックすると、拡大されると思う。


箱庭パーツ2
サバンナ系と牧畜系と愛玩系があるかな。
縮尺は意識する必要はない。心の「見立て」なのだから・・・。


箱庭パーツ3
ちょっと種別に偏りがあるのは勘弁。
必要な動物をセットで集めると、重なりが生じるせいだ
一式の『箱庭』用のセット販売もあるが・・・。


ボクは一つ一つ自分で集める主義。
故「河合隼雄」氏を始め、多くの心理療法者が採用している。
集める時にも、心は揺れ動いているのだ。


箱庭パーツ5
並べている時に、どうしても、色々創りたい気持ちになったが、今日は我慢
総勢、約100体なり。


<日記> スルー推奨。読みたい人だけ「続きを読む」をクリックしてね。

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
18年2月10日(土)  夕方から晴れ。  5時過ぎから雨。寒さはちょっとゆるんだかな。

昨日の「うつと言語」のことを考えていて、やはり「言語」には「心」があらわれるし、「心」は「言語化・象徴化」することが必要だなあと感じた。『箱庭』は「象徴化と言語化」両方できるが・・・弱点もある。そこで、今日はカウンセリングで使う技法の一つ、「フォーカシング」についてまとめる。

フォーカシング』(カウンセリング

フォーカシング』はアメリカの心理学者「ユージン・ジェンドリン」が開発した心理療法。
彼はシカゴ大学の大学院のとき、人間中心療法の「カール・ロジャーズ」のもとで学び、「成功しているクライエント」が共通して行なったある特徴に注目して、『フォーカシング』を開発した。

フォーカシング1
その共通点とは、クライエントが言い淀んで「う~ん」とか「え~と」とかを発し、時間を取って言葉を捜すこと。つまり、言語化はしにくいが、何か意味のある感じを身体の内部に持っている。
この漠然とした感覚を「フェルト・センス」と言う。
「成功しているクライエント」はどんな療法下でも、この身体で感じる変化の体験をしているというのだ。

フォーカシング』」はその内なる感覚と向き合い、語り合うことを中心とする。「ジェンドリン」(左の写真の人)は「フェルト・センスは私たちの内なるクライエント」だとし、「通常の意識的な自己」をカウンセラー(セラピスト)に見立てている。あたかもカウンセラーの如く「フェルト・センス」と接せよと言っているわけだ。

フォーカシング2

技法的には、大きく分けて3段階に分けられる。
①自己の内面に注意を向ける。
②「フェルト・センス」と共にいる。
③「フェルト・センス」と対話をする。
の3段階だが、そのプロセスをまとめると「5つのスキルと5つのステップ」(アン・ワイザー・コーネル)になる。

「5つのスキル」
①自然体であるがままを認める。
②「フェルト・センス」とほど良い関係を見つける。
③「フェルト。センス」を友達のように扱う。
④出てくる言葉やイメージと「フェルト・センス」を共鳴させる。
⑤出てくるものはすべて受け入れる。

「5つのステップ」
①身体の内側に注意を向ける。
②「フェルト・センス」に気づく。
③ハンドル言葉(あだななどの「フェルト・センス」を呼ぶ時に使う言葉)やイメージを見つける。
④その感覚と一緒にいる。
⑤終わる。
実際には、①の後、②③④を何度か繰り返して⑤に至る。

もう少し具体的に記したいが、長くなるので割愛。ちなみに、ユング派の『アクティブ・イマジネーション』にも似たところがあるので、参考にしてもらいたい。

↓当ブログ内の記事『アクティブ・イマジネーション』を読みたい人はここをクリック!
『アクティブ・イマジネーション』

<日記> スルー推奨。読みたい人は「続きを読む」をクリック!

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加



18年2月9日(金)  晴れ。 昼間は暖かだった。助かる 

今日はFBで気になる記事を見つけたので孫引きする。要約してあるので注意。

うつ病の人がよく使いがちな言葉』(メンタルヘルス

うつ病と言語の関係を調査する方法は、今までは、研究者が被験者のノートを読み、記録することだった。これを、自動解析と機械学習を用いて分析してみたところ、これまで知られていなかった「うつ病」の人たちがよく使う言葉や表現が明らかになってきた。
うつ1
うつ病の人の多くが否定的な感情を示す「形容詞」や「副詞」を多用する傾向にある。しかし、最も興味深いものは代名詞の使用方法にあり、「自分」「自分自身」「私」など一人称の代名詞を多用することが判明した。
逆に「彼ら」「彼女」など三人称の代名詞はほとんど使用されない。この結果から、うつ病の人々は自分自身に強く重きを置いており、他者とのつながりが少ないことを示しているとのこと。研究によると、「うつ」を特定するには「否定的な感情を表す言葉」よりも「代名詞の使い方」を調べる方がより効果的であるとのこと。

うつ2
次に、合計で6400人以上を調査した結果、代名詞や否定的な感情表現とは異なり、「常に」「何もない」「完全に」など、絶対的な大きさや確率を表現する「絶対主義的な言葉」を多用することがわかった。
研究者によると、うつ病の人は白と黒をはっきりさせたい思考を強く持っていると考えられ、「絶対主義的な言葉」を使っている人の有病率は「不安とうつ病」では約50%、「自殺念慮」では約80%とかなり高い値となっていたとのこと。

「代名詞の使い方」は、「絶対主義的な言葉」と似た分布となることは確認できたが、ここまで高い有病率とはなっていないようだ。また、「否定的な感情を表す言葉」で調査すると「自殺念慮」よりも「不安とうつ病」の方が高い結果となったことが明らかになっている。

「回復」段階では「否定的な感情を表す言葉」が大部分を占めており、またポジティブな表現も約70%と高い割合で存在した。しかし、「絶対主義的な言葉」の出現率は「不安とうつ病」よりもわずかに低い値にとどまりつつも存在はしているとのこと。
以前にうつ病を経験した人は現時点で何も問題がなくても、「絶対主義的な言葉」の多用が見られるときは、「うつ」を再発させる兆候であると指摘されている。

出典はここ。詳しく知りたい人はここをクリック!
機械学習を使った調査で「うつ」病の人がよく使いがちな言葉が判明

今日はちょっと手抜きだ 完璧にパクリになっている。でも、まあ、情報提供ということで・・・

<日記> スルー推奨。読みたい人は「続きを読む」をクリック!

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
18年2月8日(木)  晴れ 寒い

急に、「そう言えばエゴグラムなんてのもあったなあ」と思いつき、昔、勉強した本を引っ張り出し、ネットなんかも調べたりして時間を潰した。今はネットで無料に診断してくれるサイトもあるんだね。簡易なものではあるが・・・。
そんな訳では今日は、そのまとめ。覚書。
例によって信頼性を担保するものはないが、できるだけ、お勉強したことを正確に記すよ


エゴグラム』(心理学

エゴグラム』とは性格診断テストの最もポピュラーなものの一つ。
カナダの精神科医『エリック・バーン』が創始した『交流分析』の自我状態分析を素にして開発された。
交流分析』については、記事を改めて書くから、ここでは詳しくは触れない

説明の前に、試しにボクがネットで受けたテストがあるので、興味のある人はどうぞ

結果はこちら

http://ta.direct-comm.com/charactor/result/41074165.html

エゴグラム診断

http://ta.direct-comm.com/charactor/

上のサイトを見てもらったら分かるけれど、50問の質問に答える質問紙法。
日本で有名なのは「東大式エゴグラム」、ボクが勉強したのは「桂式 自己成長エゴグラム
他にも多数あるが、質問項目はどれも似たようなもん。

エゴグラム1
左の図が人間の自我状態の構造を表している。
交流分析」では、自我状態を「思考・感情、それに関連した一連の行動様式を統合した一つのシステム」と考えている。
そして、その自我を、P(parent)、A(adult)、C(child)の3つの視点にわける。
頭文字を取って「PAC」と呼ばれることもある。
そして、さらにそのPとAを二つにわける。CP(controlling parent)、NP(nurturing parent)、FC(free child)、AC(adapted child)である。
ここでは詳述しないが、一人の人間の心の中に5つの視点があると考えれば良い。
最近ではRCという新しい視点もあるようだ。


エゴグラム3
質問紙法での回答を点数化して、棒グラフや折れ線グラフで視覚化する。
これが「心の形」とされているグラフだ。
左のグラフは一般的な理想形と言われているもの。この形によって、性格を診断する。例えば、
「へ型」(NPを頂点としてへの字になる):円満型・アベレージ
「N型」(NPとACが高く、CPとFCが低いN字):献身型・ナイチンゲール
「逆N型」(N型の逆):自己主張型・ドナルドダッグ
「V型」(CPとACが高くAが低い):葛藤型・ハムレット
「W型」(CP、A、ACが高くNP、FCが低い):苦悩型・ウェルテル
「M型」(W型の逆):明朗型・アイドル
「右下がり型」(CPを頂点に右肩下がり):頑固型・ボス
という感じでイメージしてもらうと分かりやすい。
ただ、どれが良いとか悪いとかではなく、どれにも+-があり、意志で変えることもできる。

エゴグラム2
それが左の表。
+-を勘案し、伸ばしたい所、減らしたい所に応じて、処方ができる。
例えばボクの場合はAが低いので、できるだけ「論理的・客観的」に見るように日常的にしていくとか。
心療内科や企業の採用試験などにも使われている汎用性の高いテストである。


<日記> スルー推奨。見たい人は「続きを読む」をクリック!

BlogRanking2←ガツンと一発。応援を!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加